Spotifyとアップルミュージック

それぞれの得意分野

Spotifyとアップルミュージックの基本的な機能は同じですが、得意分野はそれぞれあるようです。
まず、Spotifyはプレイリストの豊富さが売りです。
「ジャンル&気分」でプレイリストをまとめている画面から気軽に選べるリストもそこそこ豊富です。
さらに、好きなジャンルやアーティスト名で検索すると関連したプレイリストが山のように出てきます。
Spotifyだけでなく、一般ユーザーもプレイリストの作成に参加できるのも魅力的です。
アップルミュージックの強みはRadioです。
特にBeats1は有名どころアーティストのDJを採用していたり、ジャンルに関係なく曲を流していたりと、そこまで好きなジャンルやアーティストがあるわけではないけど、気軽に音楽を聴いていたいという人にとっては有難いサービスになっています。

ユーザーとして感じた違い

私はSpotifyとアップルミュージックを使ったことがあります。
どちらも甲乙付け難いですが、今はSpotifyを使っています。
アップルミュージックを使ってみた感想は、「音楽のチョイスが通」でした。
アップルミュージックは他のサービスに比べて曲数が多いと言われています。
そのせいか、良い意味でそこでこの音楽を選んだのか!みたいな曲が来たりします。
例えばパーティーのプレイリストを聞いてもSpotifyだとどっかで聞いた、みんなで盛り上がれる曲で、アップルの方は音楽好きやこだわりの強い人たちで盛り上がれる曲とでもいうのでしょうか。
また、ジャンルによって得意分野があるようで、私の好きなレゲエやSocaはSpotifyの方がプレイリストが圧倒的に多かったりします。
どのサービスもトライアル期間があるので、自分に合ったサービスを探してみて下さい。